バレないウィッグ

バレないウィッグ

ウィッグってバレていないかハラハラすることありませんか?

 

それ以前に、選び方を間違っていかにもウィッグって感じになって被ることすらしないでやめてしまった方もいるでしょう。まずは、選ぶ色味が重要ですから、他の方のクチコミを見たり、自然に見えるカラーを選びましょう。

 

あまり無いような色を選ぶと、ウィッグっぽい感じが増してしまう可能性が高いです。
ウィッグだというのがバレても構わないならお勧めです。

 

つむじ部分もウィッグかどうかバレやすさに関わっています。ウィッグのつむじってすごく真っ平らですが、実際の人間のつむじは多少髪の毛が無造作になっています。

 

この無造作感を出すためには、コームを使ってつむじの部分をギザギザに動かして自然な感じに仕上げます。ウィッグのテカリが人工的に感じられる場合は、マッドワックスを塗るとかベビーパウダーをふりかけると人毛に近く見えるようです。

 

フルウィッグは、被り方がおかしいと違和感を感じます。
また、厚ぼったかったり前髪の長さが不自然なら、カットしてから被ることで自然に見えます。

 

頭の大きさや形によっては、フルウィッグの圧迫感が耐えられないという方もいます。
そういう場合は、部分ウィッグやエクステがお勧めです。

 

エクステなら、長さを大幅に延長することもできます。つけるのが難しいと感じる方は、結んだ感じに仕上がるようなエクステもお勧めです。ボブヘアーの方もロングヘアを楽しむことができます。